分類:Runway

Cocktail Party at Dior Russia

「ディオール.in.ロシア」3回目の記事になります。いよいよショーが始まります!

1回目→「ディオールに誘われロシアへ!
2回目→「バックステージ.ディオール.モスクワ

今回モスクワの赤の広場で行われたディオール13秋冬ショーは、1959年若きYves Saint Laurentによりデザインするディオール以来、54年間ぶりロシアでのディオールショーとなります。ロシアの高級デパートGUMの120周年と一緒にお祝いする事で、赤の広場にあるディオールのブティックと繋がるGUMのショッピングモールで54年前のディオール inロシアの写真が展示され、ビフォー.ショーのカクテルパーティーが行われました。


Read More

Backstage.Dior.Moscow

前回「ディオールに誘われロシアへ!」の続き話です。

ディオール.ロシアに誘われ、モスクワに行ってきた私の、人生初、ショーの前のバックステージ経験です。インビテーションに書いてあったのは19時のショーですが、ショーの前にカクテルパーティーがあるため、ショーが始まるのは早くても19時半以後のことですが、昼11時にもう既にホテルのロービーでモデルさんたちが集まる様子が見えます。

パリで行われた13AWショーに出たトップモデル何人かモスクワのショーに出る他に、地元のロシア人モデルさんもいっぱいいました。とりあえずみんな若い

午後の17時頃に赤の広場の前に着き、会場までは車両禁止の広場になっているので、ワクワク写真をとりながら会場へ足を運びました。

「もうここから会場が見えますよ!」と、
ディオールのPRさんに教えてもらって、
「え?どこ?」と戸惑ったら...
!!会場が巨大な鏡のボックスになっていって、目の前だったのに気づかなかった!!

巨大な鏡の後ろから、ランウェイの橋で繋がるラグジュアリーショッピングモールGUMの中にあるバックステージ入り込み、バスローブを着るメイクとヘアーをされていたモデル達がビュフェのフルーツサラダを食べたり、カメラマン達に写真を撮られたり、ショーのメイクとヘアーのメイキングが見れて大興奮! Read More

To Russia with Dior!

さて、ロシアの話をしましょう。

今月頭頃、ディオール.ロシアに誘われ、赤の広場で行われ、Raf Simonよりのディオール2013年秋冬プレタポルテショーの招待状を頂き、モスクワへ行くことになった。

出発日の朝にパリのアパートから送迎車で空港まで送って頂き、チェックインもパスポートもVIPアクセス、空港でシャンパン付きのラウンジで朝ご飯をとってからモスクワへ。
Read More

VOGUE UK Festival

先月マイケル.コースのプレスに誘われ、ロンドン.テムズ川沿いにあるSouthBank Centreで行われたVOGUE UKフェスティバルに参加させて頂いた!パリから列車のEurostarで3時間、ファッションウィーク以来3ヶ月ぶりの週末ロンドン弾丸旅行、イギリス発の若手デザイナー達Mary Katrantzou、ErdemのインタビューやNet-a-porter創立者Natalie Massenetのトーク、おまけにチャイナタウンの飲茶、ミュージカル、美術館を巡り、最高な週末inロンドンを過ごせた!(´∀`)ノ
Read More

Lady Fox by JCDC

テディベアコートからレゴウォッチまで、モロッコ生まれ、フランス貴族のデザイナー、ジャン·シャルル·ド·カステルバジャックの2013年秋冬コレでは「Lady Fox」が登場した。ジョン·エヴァレット·ミレイのオフィーリアのプリント、肩に大きいな狐耳のニット、パリコレ8日目に行われたJC de Castelbajacのショーではモノトーン千鳥格子とナットとボルトをモチーフにしたニットから始まった。白黒に続くのは赤いタータン、森の緑色にオフィーリアのプリントになり、黒いクロスとカフタンでショーに休止符を打った。パリ、パレ·ロワイヤルの近くにある礼拝堂Oratoire du Louvreでカステルバジャック侯爵が語ってくれた美しい秋色のおとぎ話!

Read More

I see water blue in Tsumori Chisato 13AW

会場であるホテルThe Westinパリに着いたらもうショーがギリギリ始まるところだった。ツモリのPRさんが用意して下さった席に着けずに、入り口のすぐ近くにある超VIP席に(床なんだけど高級ホテルカーペット敷き)。フールーボディーが見れて最高な眺めだった。

ランウェイーの服から日本の夏祭りのシーンが浮かぶ、金魚(ロブスター?)すくいの匂いと風の鈴の音がした。冬なのに全く違和感のない夏色、重くて黒い冬をライトカラフルにーツモリチサト2013年秋冬だった。すごく好き。
Read More

Black and Hat, Brain Storming: Yohji Yamamoto

13年の春夏でセコンドライン「REGULATION」に続き、同年の秋冬はクラシックを再開したヨウジヤマモト。80年代村上春樹ノルウェイの森の中の学生運動、ビートルズの音楽、黒い洋服を「和」の制服に、そして短くて黒い学生ヘアーの上にかぶる大きく、バランスをとった帽子ーヨウジヤマモト2013秋冬。完璧だった。

yohji13aw4
Read More

LFW:Vivienne Westwood Red Label

Early bird upload! So I went to Vivienne Westwood Red Label’s climate economy’s revolution today. “Buy less, choose well, make it last.”

vwredlabel13aw12

vwredlabel13aw2
Read More

A. for Style x Style by Lauren Cashwell


A video clip recording A.’s busy days during Paris Fashion Week 2012.
This video was made for the countdown celebration of StylexStyle,
dedicated to dearest Sharon.
 
Filmed and edited by Lauren Cashwell.

Paul & Joe 13SS, from backstage to runway

デザイナーの二人の息子の名前で命名した「ポール&ジョー」ですが、私にとっては少女時代の思いてがいっぱいのブランドでした。

第二のラインのPaul & Joe Sisiterの子猫のロゴから、Paul & Joe Beautyとディズニーのコラボレ、可愛いバンビの化粧品、イギリスの寄宿学校の高校時代のパソコンデスクトップのPaul & Joe花柄。そして何回も引っ越した後、今でも自分と一緒にパリのアパートにあるPaul & Joeのガラスの瓶...

ハイエンドのデザイナーのように派手なデザインではないが、花とピンクが好きな少女達が絶対気に入ってくれるフランスのブランド。春夏コレクションももちろん、花とキャンディー色!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

*今回は会場の外でスナップを撮っている同時に、バックステージの撮影はVideographerのLaurenさんに任せました。ショーを加えた、A.プログ初のビデオをどうぞご覧になってください。

Paul & Joe 13SS Backstage/Runway

タクシーで会場の近くにまで着きましたが、交通が混み過ぎて、車をあきらめ、歩いて行く途中に美人に出会った。

Read More

PFW: Issey Miyake Spring/Summer 2013

三宅 一生。
昔から母の大好きなブランドです。
Invitationをいただき、2013年春夏コレクションショーに行ってきました。

VOGUE JapanかStyle.comのようなプロのショーの写真のように撮れず、明るすぎてぶれている写真なんですが、Issey Miyakeの一番のところは、やはり動くと色が柔らかく輝くところですので、いろんな角度から、モデルさんの動きによりひらひら飛んでいる服の美しさを頑張って撮りました。

プロじゃない写真で、より現場の雰囲気を感じて頂けるかも?

Read More